精油はどれも同じ?!【Perfumerhouse】の実力が凄い理由とは。

皆さん、精油を使ったことはありますか?

近頃は、精油の専門店はもちろん最近では100SHOP等でもアロマオイルという商品で売られているのを目にしますが、実は精油の純度によっては使い方を間違えて思わぬトラブルになってしまいますので、アロマの知識を知ることで気軽に簡単に自宅で精油を使う事が出来るようになるので、ここでは精油について解説していきます。

そもそも精油とは

精油→100%天然純度の自然素材(植物の花・茎・葉・根・果皮・種子・樹皮・樹脂)から採れたオイルをいいます。ちなみに、精油=エッセンシャルオイルとも呼ばれます。

アロマとは→精油とは異なり、人工香料やアルコール等の原材料が人工的に添加されているオイルになります。100円SHOPや安いオイルは、意外とこのようなタイプが多いため、直接肌に付けることが出来ませんので注意が必要です。

精油について初期の知識を知ったところで、ではどこの精油を使ったらいいのかな~と迷ったりしませんか?私自身も、精油には興味があっても、精油をどう扱っていいのかさえも分からずにいたので、今日は自信を持ってお勧めできる精油を実際に使用しながらご説明していきます。

【Perfumerhouse】の精油とは

Perfumehouse(パフュームハウス)の精油は、そもそもワンランク上の高級オイルなんです。

その理由とは

  1. 精油の目利きのプロである調香師が厳選
  2. 香りの本場フランスから直輸入
  3. 余計なものは加えない純度100%の精油
  4. 徹底した品質管理で新鮮な精油
  5. お客様ファーストの理念
まみや
実は、私ハーブコーディネーターの資格を取得しているのですが、そもそも精油は、ハーブ等も含む植物の花・茎・葉・根・果皮・種子・樹皮・樹脂から抽出されますので、原材料としてのフレッシュな素材から精油が生み出されるという事で、Perfumehouseの精油がいかに質の高いこだわりの精油かという事を知ることが出来ます。
【調香師が厳選した精油をフランスから直輸入 精油・アロマPerfumerhouse】

中でも、精油・アロマPerfumerhouseの調香師が厳選しているという事が、本物にこだわるオイル専門店ということ、そして、フランスの精油メーカー数社とパートナーシップを結んでいる点も本物の証を感じます。(※日本の精油や一部の柑橘類などは除く。)

日本国内でも沢山の精油専門店やSHOPで売られている精油ではありますが、【Perfumerhouse】は、更にこだわっている点があります。それは、店頭での販売は一切行ってないという点です。

イラストダウンロードサイト【イラストAC】

えっ!お店では売ってないの!!

って私も最初はそう思いましたが、理由を知って逆にここの精油なら使いたいし、おすすめも出来る本物だといえる精油に納得でした。

本物だからこそのプライドと証

最高の状態の香りを楽しむため、必要な時に必要な量の精油を届けたいから。

とてもシンプルだけど、この思いが店頭販売をしない理由です。せっかく質の高いオイルを使ってもらうためにこだわりぬいた精油だからこそ鮮度をフレッシュの状態で届けたいから!!良質な精油を、適正な価格でお客様にお届けしたい。

そして、Perfumerhouseの精油は、多くのセラピストさん達にも支持されているオイル屋さんのオイルなのです。

【調香師が厳選した純粋な精油をフランスから直輸入 精油・アロマPerfumerhouse】

精油の種類は

【Perfumerhouse】で取り扱う精油は、ざっと数えて100種類以上の品揃えで、香りの分類としては

シトラス系
フローラル系
ハーブ系
オリエンタル系
樹木系
スパイス系
樹脂系
スイート系、その他

と分けられているので、精油をはじめて購入される方でも、何となく自分が気になったものや興味のある物から選ぶといった様に、分かりやすく分類されております。また、既に欲しい精油の名前を知っている方にとっては、アイウエオ順で精油を探すことも出来るので初心者の方からプロの方まで選びやすいのも特徴です。

ちなみに、私がチョイスしてみた精油はコチラの4店になりますよ。

左から:ラベンダートゥルー,イランイランエキストラ,ゼラニウム,ヒノキ



実際web SHOPを覗くと、100種類以上の精油がありますので、とても迷ってしまいますが私が選んだ4種の精油について決め手をご紹介していくと

ラベンダートゥルーは、人気No.1の精油であることや、好きな花であり好きな香りであることです。ちなみにこちらは、フローラル系及びハーブ系になります。

イランイランエキストラは、もともと香水のイランイランの香りが好きという事で選びました。個人的には官能的な香りというイメージが好きという事もあり選んでみました。こちらもフローラル系及びオリエンタル系になります。

ゼラニウムですが、植物のゼラニウムの香りが好きということ、またバラを連想させる様な香りも特徴でゼラニウムローズとも呼ばれており、お花としては虫除け効果もある香りで個性的な香りもお気に入りな理由から選びました。こちらもフローラル系になります。

ヒノキです。精油でヒノキって珍しい??と思う方も多いのではないでしょうか!そもそもヒノキ風呂をイメージして頂くとわかりやすいかと思いますが、ヒノキの香りをかぐと森林浴をしている気分になれとても心が落ち着く香りに誘われる気がするのでお気に入りです。ちなみに、そのまま樹木系というカテゴリーになっております。

これ以外にも、【Perfumerhouse】で私が個人的に見て珍しい精油と感じた物が、スイート系の「コニャック、ワイン系 別名:ワインリース(ワインの酒粕)」濃厚なお酒(ブランデーやワイン)の香りだそうで、非常に特殊な精油だそう。機会があれば1度試してみたい精油でもあります。

また、樹脂系のカテゴリー自体とても興味深く珍しい精油が並ぶのも精油にこだわったSHOPならではに感じますし、ヒノキもそうですが、和精油と呼ばれる精油に分類されるという点では紫蘇の精油も珍しく、紫蘇の香りも味も大好きなので、惹かれる精油です。(精油は、あくまでも食用ではありません。)

精油選びに悩んだら、コチラが分かりやすく選びやすい!!

精油の働き一覧表(効能や気分での作用が分かりやすい)

使用方法は

お風呂に数滴、精油を垂らす使い方や、アロマを焚く方法も多く知られており、アロマポットやディフューザー等を使う方法がもっともポピュラーではないでしょうか。

実際に、私もお風呂に数滴垂らし香りを楽しんだり、電源に差し込むタイプのアロマディフューザーを使用してみたり、以前雑誌に紹介されていた方法として、フローリングのお掃除にバケツに数滴精油を垂らし雑巾がけをすることで、フローリングから香りがふんわり漂い、お部屋の中がとてもいい香りで癒されこちらもオススメな使用方法です。


写真素材ダウンロードサイト【写真AC】

また、最近では、スティックタイプの電源を使わないタイプも人気ですよね。


写真素材ダウンロードサイト【写真AC】

ちなみに、【Perfumerhouse】さんでもおしゃれで素敵な 「アロマディフューザー」の販売もされております。

アロマディフューザー

 

実際に使ってみて

でも、今回はせっかくの上質な精油いう事で、自宅でも簡単!精油を使ったアロママッサージに挑戦。直接原液の精油をお肌に付けることはNGですが、きちんとした方法を知り配合することで、誰でも簡単にお家でマッサージをすることが可能なので、実際にトライしてみましたのでご紹介します。

用意するもの

キャリアオイル(今回は、お家にある物を使用しました。)
Perfumerhouseの精油(今回は、ゼラニウムを使用してみました。)
配合する為に使用する器等

配合のルール

精油の濃度が高すぎると、お肌を刺激させてしまいトラブルになる場合があります。その為、マッサージオイルとして配合する場合は、濃度1%以下になるようにします。また、赤ちゃんには使用できませんので注意が必要です。

マッサージオイルの作り方

精油の希釈の公式がある様で、計算式としては濃度を1%にする場合は、
基材を10mlで
①10ml×1%=0.1(ml)
②0.1(ml)÷0.05(ml/滴)=2(滴)
(答)2滴

今回は、初めてのアロママッサージという事で、濃度を05%で考えることにしました。その為、上の公式を参考にすると、キャリアオイルは10mlに対し精油は、1滴(濃度が0.5%の場合の精油の量)となる様です。

この事から希釈の量が分かるので、早見表をご紹介します。

キャリアオイルの量 10ml 20ml 30ml 50ml
濃度0.5%の場合の精油の量 1滴 2滴 3滴 5滴
濃度1.0%の場合の精油の量 2滴 4滴 6滴 10滴

※ハーブコーディネーターでもアロマの工程を学びましたので、教科書を参考に致しました。

キャリアオイルを10ml精油0.5%で、セラニウムの精油は1滴です。

精油の効能

皮膚への効能:抗炎症作用がとても優れている精油のひとつで、肌への作用にもとても向いており、保湿や、ニキビ・乾癬・湿疹などの皮膚の不調改善に役立ちます。熱を冷ますとともに湿度を与えてくれ珍しい精油です。

体への効能:熱を冷まし、気や血液の循環(めぐり)を促す作用があります。特に神経系のバランスをとったり目に関わる症状、関節痛や神経痛、リウマチなどにもいいと言われ、リンパの滞留を改善すうことにも役立ちます。

マッサージを行ってみる

今回のマッサージモデル(マッサージを受ける側)は父と母にお願いをしました。ゼラニウムの優しくてふわりと香るフローラルな香りに癒されるとの事。マッサージを行った箇所は主に腕から指先までで、肌が滑らかに保湿効果も高いように感じます。

マッサージ後の母の手はしっとり保湿されて、また感想としてとても気持ちが良いとのこと。

精油の管理方法

保管方法は、精油を常温で置いておくと、せっかくの香りや鮮度が悪くなってしまいます。精油を補完する際は、冷蔵庫での保管がおすすめ。また、光に当ててしまうのもNGなので保管する場合は光が当たらない様にするのもマストです。

ちなみに、私が普段から取り入れている保管方法は、カラーのポリ袋に入れ更にジップロックに入れ光も常温もシャットアウトさせて冷蔵庫保管させています。

こうすることで、冷蔵庫の中でも香りが食品等へも移らないですし、逆に精油自体にも他の臭いが移らないので、せっかく精油を扱うのですからひとてまを加えて保管してみてくださいね。

気を付けなければならない点

直接、精油の原液を肌に付けてしまう事は大変危険です。必ず、希釈させキャリアオイルを用いてマッサージオイルを準備させて使用して下さい。

ペットがいるご家庭、ペットがいる環境ではアロマとして焚くことは、NGなんです。理由は、人とペットでは代謝速度が異なるため、例えば犬や猫の場合、中毒を引き起こしてしまい命の危険にもなりかねません。

だからと言って、全く楽しめないのはちょっと残念ですよね。

でも安心して下さい!

我が家ではネコちゃんが居るからこその使い方として、バスタブに垂らし入浴時に使用することで楽しんだり、また今回の様にネコが入らない部屋で家族にマッサージをする等、きちんと使い分けることで精油を普段の生活に取り入れる事は可能なことなんです。

お買い物ガイド

注文をいただいてから量り売りを行っています。せっかくの精油を無駄にしないため、お使いの量に合わせてご購入ください。

精油は最低1mL(種類により3mL)から、購入可能です。
1mLは20滴程度です。(精油の種類により、もっと少ないものもあります)

公式サイトより引用

配送方法はヤマト運輸の宅急便又はポスト投函(ネコポスorメール便)から選択できます。

ポスト投函 350円(全国一律)
3,780円以上無料(税込)

宅急便 580円(全国一律)
7,560円以上無料(税込)

まとめ

いかがでしたでしょうか?精油と言っても沢山のメーカーや種類がある中で、精油=エッセンシャルオイルの知識や本物の精油を見極める事も大切で、店頭では扱わない精油である理由には、お客様にフレッシュな精油を届け使ってもらいたいという願いが形になっているのですね。精油を一番いい状態で使って欲しいという【Perfumerhouse】の優しさでありこだわりの証です。

 

Perfumerhouseの精油は少量から購入可能、しかも初めての方向けにお試しセットの組み合わせもありますので調香師さんが厳選している精油を1度お試しされてみてはいかがでしょうか


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、【まみや】と申します。 元エステティシャンだった経験を活かし全身綺麗になるコスメやアイテムを実際に使ってレビューを書いています。 また、内側から綺麗をモットーに「野菜ソムリエ」「ハーブコーディネーター」を取得した知識を元に年齢を重ねても美しくある40代を発信中です。 詳しいプロフィールは→コチラ