冷えが和らぐ?!ハーブコーディネーターの私が骨盤湯たんぽ【よもにん】を母にもオススメした理由

皆さんは冷えで悩んでいたりしますか?

実は、私の母は冷え性体質で夏でも使い捨てカイロが欠かせない程なんです。反面娘の私はというと、体質が違うのか?冷え性ではないのですが、年々、年齢も重ねるにつれ寒さが身体に堪えるな・・・と感じる様になって来て、温活に取り組んで寒さも乗り切ろうと思うようになりました。

そんな時に、出会ったのが骨盤ゆたんぽ よもにんという湯たんぽで、そのコンセプトにとても興味が沸いたので使ってみたら思わず、母にもオススメした骨盤湯たんぽなんです。おかげさまで冷え性の母も「温活にとっても良い」と好評のようで、今ではお気に入りの湯たんぽとして愛用中です。



骨盤湯たんぽって何?

そうそうに、愛用中の骨盤湯たんぽがこちら骨盤ゆたんぽ よもにん
サイトより引用致しました。

よもにんの仕組み

この骨盤湯たんぽに座ることで、下半身を3方向から温め、更に自宅でよもぎ蒸しを手軽にそして簡単に出来、冷えすぎた腰周りをじんわりポカポカ温めてくれるクッション(すわり心地は固めです。)なんです。

確かに、妊活だけで考えても温活が大事ですが、女性はいくつになってもどんな状況でも、身体を温めてあげることは、身体の不調改善にも繋がり、私もこの骨盤湯たんぽを使い始めて、とにかくポカポカ下半身周り三方向が温まるだけで、こんなにも身体が軽くなるのかと実感しているところです。(体感の方法は、人それぞれかもしれませんが、とにかく温まる感は感じられると思います。)

気になる3方向、不思議な形の湯たんぽには秘密がいっぱい

この形が、すっぽりとお尻を包み込んでポカポカ温めてくれるので監修された方が助産師さんという事で、女性の身体の事を考えられていて、一度味わうと手放せません。

まさに、サイトで紹介されているイメージそのもので、本当にじんわり、じんわり温まりとても心地が良いです。(サイトより引用致しました。)

お湯の温度

実は、注意書きにもあるのですが湯たんぽに入れるお湯は50度程度なんです。それ以上のお湯を入れてしまうと低温ヤケドの恐れがあるため、ここは注意が必要なんです。

ちなみに、私はストーブの上にやかんを置いてあるのでそのお湯がちょうどいいのでそれを使います。または、お湯を沸かして水と中和させるのですが、一度ボールで中和させて湯たんぽへ入れる方が良さそうです。理由としては、水を先に直接湯たんぽへいれると、上手く後入れのお湯と混ざりが悪く、あまりぬくぬくした骨盤湯たんぽになりません。

[itemlink post_id=”639″] ※50度まで計れる温湯計なので便利です。

湯たんぽのカバーの着脱は簡単?!

よもぎ蒸しの効果はどうなの?

まみや
さて、ここまでの説明で骨盤湯たんぽ【よもにん】が温まるというのは、十分に伝わったではとないかと思うのですが、更に肝心のよもぎ蒸しという事だから、よもぎの効果も知りたいですよね!

付属のよもぎパッドがこちらになるのですが、

 

よもぎパッドですが、よもぎ100%というだけありかなりよもぎの香りが凝縮されていてリラックス効果が感じられるので、このよもぎパッドを湯たんぽにしのばせると、温度も温められてされによもぎの効果が発揮されるようです。

まみや
ハーブコーディネーターでもある私からのワンポイント!
よもぎは和製ハーブとも呼ばれていて香り成分主に2つあり
「シオネール」という成分が心を穏やかにしてくれ
「β-カリオフィレン」という成分は女性ホルモンを整えてくれる嬉しい役割他、PMS(月経前緊張症候群)や更年期障害などの憂鬱な症状を和らげてくれることが期待されておりますよ。
まさに、女性のためのハーブなんです。

温活のススメ

いかがでしたでしょうか。実際に使っていて感じる事は、繰り返し使えるというのが大きなメリットだと感じております。しかも、妊活の女性に向けて監修されたという事は、それだけ女性の事を考えて開発された湯たんぽだという事がわかります。実際には冷え性対策グッズとして、あらゆる世代の女性をはじめ、この骨盤湯たんぽを紹介するメディアも沢山あるのも現状です。

過去に紹介された女性紙では20代では【小悪魔ageha】をはじめ【MAQUIA】【MORE】、また【美ST】と全ての女性に温を込めて・・・というほどオススメ率の高い骨盤湯たんぽ【よもにん】です。

骨盤・子宮周りを温めるよもぎ蒸し湯たんぽ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、【まみや】と申します。 元エステティシャンだった経験を活かし全身綺麗になるコスメやアイテムを実際に使ってレビューを書いています。 また、内側から綺麗をモットーに「野菜ソムリエ」「ハーブコーディネーター」を取得した知識を元に年齢を重ねても美しくある40代を発信中です。 詳しいプロフィールは→コチラ